レオどうぶつ病院腫瘍科ブログ

2018年6月17日 日曜日

GIST(胃腸管間質細胞腫瘍)が疑われた犬の腹腔内腫瘍     横浜市青葉区 レオどうぶつ病院 腫瘍科


健康診断を行った12歳雌ののシーズー。
腹部のレントゲン検査で下腹部に腫瘤を発見した。


エコー検査では腫瘤は脾臓の尾部に接していたが、明らかに脾臓から連続している所見は認めなかった。
消化管からの発生の可能性もあったが、嘔吐や下痢等の消化器症状は認めなかった。
明らかに切除不能の所見はなく、切除生検を目的に開腹手術を行った。

下腹部正中切開を行うと腹膜直下に腫瘤を認めた。
腫瘤を引き出すと回腸より発生していた。
腫瘤を挟む両端の正常な腸管で切除した。


腸管の切除断端を端々縫合し常法通り閉腹した。

切除した腫瘤は腸管の漿膜面より発生していた。


肉眼上は腫瘤の腸管内腔への突出は認めなかった。

病理組織検査の結果は非上皮性悪性固形腫瘍と診断された。
免疫染色の結果から典型的な所見は認められなかったが
GIST(胃腸管間質細胞腫瘍)の可能性が疑われた。

手術翌日より液体状の消化器疾患用療法食を開始し、退院した。
順調に流動食を食べていたが排便がなく、術後5日目に元気・食欲の廃絶と嘔吐が認められた。
レントゲン検査から明らかな腸閉塞等の所見は認めなかったが、術後合併症である腹膜炎の可能性も疑われた。
その後、黒色の軟便を排出し始めた。徐々に便の色は茶色くなり始め食欲も戻り、術後10日目に抜糸した。

術後5ヶ月現在、食欲旺盛であり、腫瘍の再発や転移に関して経過観察中である。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2018年6月 8日 金曜日

犬の乳腺腫瘍に対する低侵襲手術と術後管理           横浜市青葉区 レオどうぶつ病院 腫瘍科 



11歳のオーストラリアンケルピーの女の子が乳腺部のしこりに気づき来院しました。
左第3乳腺部に存在するしこりはφ2.3×1.8cmで硬く、乳頭から連続しており、底部の筋層との固着はありません。
この2週間で増大が認められています。

また、1年半前に右前胸部皮下に発見し、細胞診で脂肪腫を疑っている腫瘤も増大してきているとのことでした。

術前の左第3乳腺部腫瘤の細胞診では悪性乳腺腫瘍を疑いました。

顕微鏡写真は乳腺部腫瘤の細胞診で悪性所見が認められる。(乳腺腫瘍の細胞診では良悪の判定はできないと言われているが、悪性所見が認められる場合は病理検査の結果も悪性であることが多い)

画像検査より明らかな転移を疑う所見はなく、ステージ1の悪性乳腺腫瘍を疑い根治目的の外科手術をすることになりました。
右胸壁皮下腫瘤は良性の脂肪腫の疑いでしたが徐々に増大が認められ、オーナーの希望から同時に摘出することとしました。


乳腺腫瘍の摘出術には乳腺組織全摘出などの拡大切除の術式もありますが、最近の報告により術後生存期間には手術の大きさよりも腫瘍の悪性度や転移所見が関与することが分かってきました。患者の年齢や想定する腫瘍の種類を総合的に判断し、低侵襲でありながら効果のあると考えられる術式を検討しました。

左第3乳腺部のしこりは周囲の正常な乳腺組織を含めての切除を、右胸壁の皮下腫瘤は直上の皮膚切開をしての切除を行うこととしました。


左第3乳腺部のしこりは、周囲の正常な乳腺組織を含めて切除しました。腫瘤底部の固着は認められません。


右胸壁皮下腫瘤は直上の皮膚を切開し、腫瘤を周囲組織と鈍性に剥離し摘出しました。

術後は傷口を舐めないようにエリザベスウェアーを着用しました。
術後の経過は非常に良好で翌日に退院しました。

後日、病理検査の結果は左第3乳腺部は悪性筋上皮細胞腫と、右胸壁皮下腫瘤は脂肪腫と診断されました。
ご希望によっては術後の補助的化学療法も適応となりますが、ステージ1の段階で外科手術により腫瘍を切除できましたので、今後は再発や転移を注意しながら経過観察をしていきます。



投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL