レオどうぶつ病院腫瘍科ブログ

2019年7月27日 土曜日

高齢猫に増大した乳腺腫瘍の管理 猫用エリザベスウェア     横浜市青葉区 レオどうぶつ病院 腫瘍科


犬の乳腺腫瘍は良性と悪性の比率が半々ですが、猫の乳腺腫瘍8割以上が悪性であると言われています。
悪性の乳腺腫瘍は進行すると肺転移を起こしますので、なるべく早期にしこりだけでなく、片側乳腺組織全切除をすることが効果的です。

症例は21歳の超高齢猫さん。人の年齢では100歳になります。
数ヶ月前に見つけた腹部のしこりが急速に増大してきました。

来院時、右第4乳腺部にφ3.4×2.8cm
本人も気になって舐めるので、しこりの表面は自壊しています。
猫の悪性乳腺腫瘍を疑い、治療法を検討しました。

腫瘍の進行度からは肺転移が出てくる可能性があります。
21歳の高齢であることからオーナーとの相談の上、積極的な外科切除は行わず、QOL(生活の質)の維持に努めることとなりました。

自壊した腫瘍の保護に、ぴったりサイズの猫用エリザベスウェアをご用意しました。
毎日の創部の処置時にはすぐに脱がせることができ、着用したまま排泄も可能です。

エリザベスカラーを装着するストレスもないので、服を着ることに抵抗のないネコちゃんにはお勧めです。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年7月15日 月曜日

犬の全身に多発する脂腺腫瘍 体表腫瘍 外科切除        レオどうぶつ病院 腫瘍科


13歳のアメリカンコッカースパニエル。8年前に左上唇部にφ4mm大のしこりを発見しました。
体表にはイボ様のしこりが多発しており、経過観察を行いました。
左上唇部のしこりは増大して自壊・出血を繰り返し、6年前と3年前に結紮処置を行ています。
結紮後しこりは脱落して、しばらくは落ち着いていますが、徐々に再増大してきます。

今回は2ヵ月前より増大により自壊し、出血を繰り返していまいた。
今回は増大速度も比較的速く、しこり表面の崩れ方も強く悪性腫瘍の可能性も疑われます。
しこりは今までになく大きくφ2.4×1.8×1.0cmとなっていましたが底部組織への固着は認めず、外科切除を検討しました。

同時に左腋窩部に増大してきたφ3.2×2.8×2.2cm大の皮膚腫瘤と、左頬部のφ1.0cm大の腫瘤、そして左上眼瞼の自壊・出血を繰り返す小腫瘤の切除を行いました。



病理組織検査の結果はいずれも脂腺組織に由来する腫瘍性病変であり、多中心性脂腺腫・脂腺上皮腫と診断されました。
腫瘍の転移性は極めて低いものの、再発が多く診られる腫瘍であり、経過観察が必要です。

術後、出血はなくなり、生活の質の向上が認められました。

術後5ヵ月、術創も分からなくなりました。
先日、14歳のお誕生日を迎えました。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31