ロデムの部屋 ~これニャんだろう?~

2017年5月30日 火曜日

手作りの猫ちゃん人形が来院しました


先日、21歳を目前に寿命を全うした猫ちゃんのオーナー様がご挨拶に来院されました。
今日は手作りの猫ちゃんの人形を連れてきてくれました。
pic20170530141707_1.jpg
3兄妹はいずれも長寿で、それぞれ17歳8か月、20歳6か月、そしてあと数日で21歳まで長生きしました。
みんな高齢になって慢性腎臓病を発症しましたが、ご自宅での点滴や投薬により健康状態を維持していました。

pic20170530141707_2.jpg

一瞬、本物かと思ってしまいドキッとします。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2017年5月 5日 金曜日

美味しいサプリで猫の慢性角結膜炎を軽減

眼瞼縫合を2週間したのち、抜糸して目を開けると角膜の傷はキレイになっていました。
喜んだのも束の間、すぐに擦ってしまい再び傷を作り目が開かなくなりました。
抜糸後に慎重にエリザベスカラーをしばらく着用するべきでした。
でも、これを付けるのがストレスなんですよね。

猫の再発性、難治性角結膜炎にはヘルペスウイルスが絡んでいることが多いと言われています。
そこで、抗ウイルス剤の投与を検討。試してみるものの内服も眼軟膏も毎日継続するのは困難でした。

そこで、L-リジンのサプリメントを検討。アミノ酸のL-リジンはヘルペスウイルスの増殖を抑えると言いますが、苦みがあるのか単独で与えると吐くことがあります。
今回は少し前にリニューアルして美味しくなった「メニにゃんEyeプラス」を試しました。
粒のタイプと粉のタイプの2種類があり、かつお節風味となっています。

pic20170505124714_1.jpg

粒をフードに乗せると恐る恐るにおいを嗅ぎ、粒をかじって食べました。
粉のタイプも試しましたが、粉のかかったフードを選んで食べます。

pic20170505124714_2.jpg

美味しいんですね。
これならご褒美として与えられ、続けることができました。

pic20170505124714_3.jpg
すっかりきれいな目に戻ったロデム。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2017年3月15日 水曜日

猫の角膜炎 フルオレセイン染色で角膜の傷をチェック      猫ブログ 青葉区 若草台 鴨志田町 たちばな台 みたけ台 桜台


ロデムの左眼のショボショボが続くので、角膜の傷を検査しました。
pic20170315173123_2.jpg
通常は無麻酔でできる検査ですが、ロデムは大騒ぎするので鎮静下で行いました!
フルオレセイン染色をすると角膜の傷が黄緑色に浮かび上がりました。
かなり広範囲に擦った様です。

pic20170315173123_3.jpg
鎮静がかかっているので、そのまま眼瞼縫合処置をしました。
眼帯をしているような保護効果と角膜が涙で潤い、傷の治癒促進効果が期待されます。

鎮静ついでに口の中もチェック。血液検査も行いました。



投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2017年3月 8日 水曜日

猫の目がショボショボして涙目になっている ねこブログ 青葉区

左眼だけショボショボして涙目になっているロデム。よく見ると左眼の下の毛が抜けています。自分で擦ったり引っ掻いたりしているのかもしれません。片眼だけを羞明(ショボショボしている状態)している場合には、角膜に傷がある可能性があります。

pic20170308094359_1.jpg

pic20170308094359_2.jpg

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2017年1月 4日 水曜日

犬たちと猫のロデムの住み分け 青葉区 猫ブログ ロデムの部屋

一階には犬たちが、二階には猫のロデムが住み分けしています。

後から加わった犬たちがストレスの原因で、最近ロデムがマーキングをしてしまうのです。


pic20170104205341_1.jpg
階段の上にはロデムが下りて行かない様に柵の扉を設置していますが、三匹の犬の中で一番フレンドリーなチーズは階段を上って行くのです。
柵越しにロデムに威嚇されても、平気で擦り寄っていくのが嫌な様なので、新たに階段の途中に犬ガードの柵を設置しました。

pic20170104205341_2.jpg
自分がつまずきそうでちょっと危険です。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31