レオどうぶつ病院 診療日記

2019年8月31日 土曜日

青葉区鴨志田地区 ペットとの同行避難訓練

本日、鴨志田第一小学校にて鴨志田地区の防災訓練が行われました。
青葉区初となるペットとの同行避難訓練も今年で3回目。
今年は他にも青葉区内のいくつかの地区で同行避難訓練が行われるようです。

pic20190831135215_1.jpg
鴨志田中学校の生徒たちがテントを設営し、見学に来る小学生に説明をします。
実際に試してみると、問題点は色々出て来ます。
今日は夏場の暑さ対策を考えさせられました。
午前中、院長不在の時間帯がありご迷惑をおかけ致しました。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年8月19日 月曜日

食事療法により涙焼けが改善したシーズー

目の大きな小型犬に涙焼けの相談を受けることがあります。
涙で被毛が濡れたままになっていると雑菌が繁殖するので、なるべくこまめに拭き取っていただきます。
抗生物質の点眼剤を処方することもありますが、それだけですっきりとキレイになることは、なかなかありません。
涙焼けにはアレルギー的要素が関連しているのか、アレルギー対応の食事療法で軽減することがあります。

メイちゃんは1歳のシーズーの女の子。幼犬の頃より涙焼けと皮膚の痒みが気になっていました。

涙をこまめに拭き取っても涙焼けはなかなか改善しません。
そこで、アレルギー食を使った食事療法(除去食試験)を試すこととしました。
今回使用したフードは、アレルギー反応を起こすタンパク質をアミノ酸レベルまで、先に分解したアミノ酸食を選びました。
今まで食べていたものは、おやつを含めて全て中止し、アレルギーフードと水だけを与えます。

アレルギーフードにして比較的すぐに皮膚の痒みが軽減しました。
約1ヵ月後より涙焼けが軽減し始めました。写真は食事療法2ヵ月目のものです。
現在も食事療法を継続中です。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年7月10日 水曜日

高原を走り回ったワンコの目の周りにマダニが寄生

2頭のフラットコーテッドレトリーバーが高原を走り回り、川で泳いで帰ってきました。
2頭とも全身にマダニが寄生し、体に付いたマダニは取れましたが、眼の周りに吸着したマダニが取れず、除去に来院しました。

マダニは被毛が薄く眼の周りなど、皮膚の柔らかい部分が寄生好発部位です。
すぐには取れない場合はマダニの頭を残さないように先端を挟み取る必要があります。
吸血して膨らんだマダニを圧迫するとマダニの中の血液を押し戻し、病気を媒介することがありますので注意が必要です。

毎月、しっかりとマダニ予防をしているおかげで、吸着していたマダニは全て死んでいました。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年6月22日 土曜日

愛犬の便に細長い虫が 犬鉤虫 糞便検査 定期駆虫

愛犬のフィラリア予防にネクスガードスペクトラを与えると、翌日の便に細長い虫が出てきました。

pic20190622172315_1.jpg
検便の結果、犬鉤虫卵を認めました。

そういえば、先日下痢の治療をした際に、牧場で過ごしたって言ってました。
活動的なライフスタイルの犬種には、フィラリア予防の他にノミ・マダニなどの外部寄生虫と、回虫・鉤虫などの内部寄生虫の定期駆虫もすると良いですね。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年5月12日 日曜日

本年度のマイクロチップ装着補助が開始 横浜市獣医師会     青葉区 レオどうぶつ病院


(公社)横浜市獣医師会による本年度のマイクロチップ装着補助事業が5月より開始されました。
装着料金のうち1,000円を獣医師会が補助いたします。
横浜市以外にお住まいの方も補助を受けることが可能です。
横浜市に在住の方には横浜市からの補助金1,500円も受けることが出来ます。
マイクロチップの装着をお考えの方はこの機会にどうぞ。

マイクロチップを装着することにより
迷子になっても保護されたときに身元がすぐに確認できます。
地震などの災害時にはぐれても飼い主の元に返ってくる確率が高まります。
番号の改ざん、消去ができないので、盗難にあったとしても飼い主だと証明できます。
事故にあい、怪我をして保護された時も迅速な連絡が可能です。
検疫がスムーズになり短い時間で出入国できます。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31