n.化学療法

2017年8月26日 土曜日

リンパ腫に対する6か月間の化学療法を卒業した6歳のパグ     ペットのがん レオどうぶつ病院腫瘍科 横浜市青葉区


うめぼしちゃんは6歳、雄のパグ。1週間前に左あごの下に小豆台のしこりを見つけました。
昨夜、急速にしこりが増大して来院しました。
食欲はあるものの、いつもの元気はありません。

来院時、顔面は腫脹し、全身の体表リンパ節の腫大を認めました。最大の大きさの左下顎リンパ節はテニスボール大で、あご下の方に連なっていました。

リンパ節の細胞診では採取した細胞のほとんどが大型のリンパ芽球でした。最も腫脹していた左下顎リンパ節からは炎症細胞を認めました。
レントゲン検査では肝臓の腫大と腰下リンパ節群の腫脹を認めました。
血液検査では好中球増多とリンパ芽球を多数認めました。
これら所見を総合して多中心型リンパ腫ステージⅤbと診断し、化学療法(抗がん剤治療)を開始しました。

リンパ腫は血液系腫瘍であり、しこりがありますが外科手術は適応となりません。全身性疾患であるため化学療法(抗がん剤治療)が第一選択の治療となります。いくつかの抗がん剤を併用する多剤併用療法がおこなわれます。米国では各大学ごとにリンパ腫治療のプロトコールがあり、治療成績を競い合っています。その多くのプロトコールでは約半年間の治療を行います。基本的に使用する薬剤は同じですが使うタイミングなどがそれぞれ違います。当院ではそれらを加味して患動物のその時々の状態により治療を組み立てています。

うめぼしちゃんはリンパ腫に対する多剤併用療法の最も基本的なプロトコールであるCOP療法を行いました。多剤併用療法では副作用の異なる抗がん剤を併用することで、重度の副作用が出ないように分散しながら、リンパ腫に対しては色々な方向からやっつける、使いやすく効果的な治療法です。

治療当初に急速に腫瘍が縮み始めたことで一時具合が悪くなりました。これを急性腫瘍溶解症候群と呼んでいます。リンパ腫は小さくなっているのに、急速に壊れた腫瘍細胞の影響で調子が悪くなるのです。うめぼしちゃんは初回のビンクリスチン投与の翌日にリンパ節が急速に縮小したのに合わせて元気消失、食欲減退、嘔吐を認めました。点滴治療により元気が出て、食欲も戻りました。
その後の治療では体調を崩すこともなく、6か月間の治療を終了しました。

スッキリと小顔に戻ったうめぼしちゃん。
今後は定期検診体制でリンパ腫の再燃に備えます。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2015年5月12日 火曜日

メトロノミック化学療法 がんの休眠療法 ペットのがん 麻生区 町田市 青葉区

12歳のアフガンハウンドが左胸壁のしこりを主訴に来院しました。
既往歴として9か月前に下顎先端に発生した扁平上皮癌を高度医療センターにて顎骨切除しています。

しこりは硬く、Φ4×3.5×1.5cm大で底部固着が認められました。

胸部レントゲン検査ではしこりはクリップでマークした部位、左側第4-5肋骨の間に存在し、胸腔内に大きく突出していました(赤矢印)。
それとは別に左肺後葉領域にもしこりが存在しました(緑矢印)。

左胸壁のしこりの細胞診では優位な細胞は得られず、しこりの本体はより奥の胸腔内に存在することが予想されました。
また、左肺後葉に存在するしこりが胸壁に存在する悪性腫瘍の肺転移病巣なのか、胸壁のしこりとは関係のない肺原発の病変なのかで治療方針も変わってくる事が予想されました。そこで、高度医療センターで過去のCTデータと比較して精査することとしました。

高度医療センターでの精査では10か月前のCT検査でもいずれのしこりも確認されていましたが、増大傾向があるため腫瘍性疾患が疑われるとの事でした。
胸壁のしこりの病理組織検査の結果は肉腫NOS(非上皮性悪性腫瘍)と診断されました。
肺の病変の増大速度も比較的緩徐であることから原発性の肺腫瘍などが疑われましたが、深部に存在し組織採材にはリスクを伴うために診断は付けていません。


治療方針を検討した結果、飼い主さんは当院でのメトロノミック化学療法を希望されました。

メトロノミック化学療法はがんの休眠療法とも言われる低用量の化学療法です。
通常、化学療法は高用量を使用してがんを叩くのを基本としますが、高容量になると副作用も強く出ます。
根治の可能性の低い進行したがんでは強力な化学療法を行う事で患者の免疫を下げてしまう事が考えられます。
メトロノミック化学療法は低用量の抗がん剤を持続的に使用することでがんの増殖をゆっくりとさせ、がんと共存していく事を目的としています。高齢犬が寿命をまっとうするまでがんを休眠させて共存するのです。そのため、抗がん剤の副作用を出さないように調節して続ける事が大切です。

今回はシクロホスファミドという内服の抗がん剤とNSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤)の組み合わせを使用しました。
治療開始後も調子を崩す事もなく、NSAIDsの効果で歩行や起き上がりがスムーズになりました。
定期的な血液検査で腎臓のパネルの上昇傾向が認められたため、NSAIDsを減薬して継続しました。


治療開始1ヶ月後の胸部X線検査ではしこりはやや不明瞭になり増大は認めませんでした。
がんが明らかに増大しない事を目的としていますので、うまくいっていると考えられます。


治療開始から3カ月。がんと共存しながら調子良く過ごしています。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL