d.頭頸部の腫瘍

2018年9月30日 日曜日

耳垢腺腫による慢性の外耳炎の新しい治療法 コッカースパニエル オスルニア



コッカースパニエルは外耳炎が慢性化しやすい犬種です。その他、シーズーやレトリバーなど垂れ耳で、脂の分泌が多い犬種では特に夏場は耳の中が蒸れた環境となり、脂を好むマラセチアが繁殖して外耳炎を起こします。原因菌となるマラセチアはカビの仲間の酵母菌で、エサとなる脂がたっぷりあり蒸した環境で勢い良く増殖します。また、ブドウ球菌等も同時に繁殖して外耳炎を悪化させます。

耳の汚れとにおいが気になり来院されました。垂れ耳をめくると汚れが耳毛に絡み化膿しています。
治療法は、エサとなる耳道内の脂汚れを洗浄し、抗真菌剤・抗生剤・消炎剤などを点耳します。

まずはバリカンで耳毛を整理して汚れを洗浄します。

病院でキレイに掃除して、その後は自宅でも毎日、洗浄や点耳をしていただきますが、1週間後の再診時にはまたひどい汚れになっていて、外耳炎がなかなか良くならないことがあります。その原因には、犬が動き回って薬が耳道にうまく入っていない場合や、炎症により腫れて耳道が狭くなっているために薬が上手く入らないことなどが考えられます。

今回はコッカーに多い、耳垢腺腫が多発したことにより耳道が狭くなり、更に耳垢の分泌も多くなったことで慢性の外耳炎となっていました。
耳垢腺腫は良性腫瘍ですが慢性外耳炎の原因となり、全耳道切除術という大きな手術が行われることもあります。


今回はオスルニアというゼリー状の点耳薬を狭くなった耳道内に注入する治療法を行いました。
お薬は耳道内に留まりますのでご自宅での処置は不要で、1週間後にもう一度処置をするという画期的な治療法です。

大抵は2回の治療で良くなりますが、今回の様に耳垢腺腫が存在している場合や、難治性の外耳炎では再び悪化したら追加しています。
オーナーさんからはご自宅での点耳の手間がなくなり大変好評です。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2016年12月23日 金曜日

口腔悪性黒色腫 ペットのがん 青葉区 緑区 麻生区


14歳のゴールデン・レトリーバーが左下口唇部のしこりを主訴に来院しました。
高齢のため、全身麻酔をかけての積極的な治療は希望されず、細胞診をご希望されました。


腫瘤は左側下唇粘膜部にΦ1.6×1.2×1.0cm大で存在し、表層は一部自壊し出血していました。

細針吸引細胞診を行うと、一部に黒色の顆粒を細胞質に含む細胞を多数採取しました。
発生状況と細胞診の結果から口腔内悪性黒色腫と暫定診断しました。
胸部レントゲン検査では明らかな肺転移の所見は認められませんでした。

治療の選択肢として
外科療法
放射線療法
化学療法
光線温熱療法
インターフェロン療法
それらの組み合わせなどを提示しました。
オーナーは高齢である愛犬の状態を考えながら、しばらく検討されることとなりました。


1ヶ月後の再診時、腫瘤はφ2.2cm×1.4cm×1.1cmと増大傾向が認められました。

オーナーはインターフェロン療法を希望されました。
通院頻度と費用面から今回は腫瘤周囲の粘膜に塗布するタイプのイヌインターフェロンα製剤を選択しました。
治療は3日に一度、1カ月間を1クールとしました。


インターフェロン療法開始1ヶ月後、腫瘤はφ3.0×1.7×1.3cmに増大しましたが、腫瘤表面からの出血は治まったため治療を継続しました。

インターフェロン療法開始2カ月目には来院はありませんでしたが、腫瘤は軽度増大し、時々出血もあるとの事でしたがオーナーの希望により治療続行しました。

治療開始から2カ月半を過ぎた頃より、腫瘤は硬くなり、出血することが無くなったとの事でした。

治療開始から3カ月目に来院した時には腫瘤は縮小し、Φ0.6cm大の痕跡程度となっていました。



治療開始から7ヶ月。腫瘤は縮小していました。
足腰が弱くなり、起き上がりに時間がかかりますが、15歳を迎える事ができました。

インターフェロンはウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種であり、ヒトでは悪性腫瘍に対する抗がん剤として用いられています。
犬や猫においてもネコインターフェロンω製剤やイヌインターフェロンγ製剤の注射を使用した、いくつかの腫瘍に対する治療報告があります。
今回はヒトでいくつかの腫瘍の治療に使用されるインターフェロンαを治療に使用しましたが、今回使用したイヌインターフェロンα製剤は犬の歯肉炎に対し、歯肉に擦り込むことで局所免疫を賦活し歯肉炎を改善する薬であり、悪性腫瘍に対する効果の報告は今のところ一切ありません。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2016年11月 7日 月曜日

猫の鼻が腫れた リンパ腫 レオどうぶつ病院腫瘍科 桂台 みたけ台 桜台


11歳雌の猫ちゃん鼻の腫れを主訴に来院しました。
2か月前より鼻炎の症状が始まり、抗生物質による副鼻腔炎の治療を行いましたが改善しません。
1か月前より
急速に鼻が腫れてきました。
鼻が詰まり匂いがしなくなったためか食欲も落ち、見る見るうちに体重も減ってヨロヨロしてきたとの事でした。



眉間にあるしこりはφ3x3x1.5㎝大で硬く、左眼は瞬膜が突出し、眼球が腫瘍に圧迫されて外側に変位していました。

年齢からも腫瘍性疾患を疑い、細胞診を行いましたが、有意な腫瘍細胞は採取されませんでした。

高齢猫の鼻に発生する腫瘍には癌が多く、難治性の鼻炎症状から始まり、腫脹による顔面の変形が見られます。
積極的な外科療法は出血などで亡くなるリスクが高く、効率に再発します。放射線照射はある程度の効果が報告されていますが、治療の難しい腫瘍です。

鼻の癌と似たような症状と顔面の変形の見られる腫瘍に鼻にできるリンパ腫があります。急速に増大した経過からはリンパ腫の可能性も疑われます。
リンパ腫は血液系腫瘍で通常はリンパ節などのリンパ組織などに病変が認められますが、節外型リンパ腫として鼻に発生するタイプがあります。
リンパ腫であった場合には治療は外科切除ではなく、放射線療法や化学療法が効く可能性があり、他の癌とは治療法が大きく異なります。

オーナーさんは放射線療法は希望されません。リンパ腫であるかもしれないという可能性に賭けて、L-アスパラギナーゼによる診断的治療を行うこととしました。
この抗がん剤は、リンパ腫には良く効きますが、その他の癌には全く効果がありません。

注射後、翌日より鼻のしこりの縮小が認められ6日後に来院した時には、元の顔に戻り、食欲も出てきたとの事でした。


治療の反応が認められたことより、鼻に発生した節外型リンパ腫と臨床診断し、治療を開始しました。





投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL