d.頭頸部の腫瘍

2022年2月28日 月曜日

パラディア投与により縮小した口腔内悪性腫瘍のミニチュアダックス 分子標的療法 トセラニブ


13歳雄のミニチュアダックスが口腔内に急速増大するしこりの相談に来院しました。

2ヵ月前より口臭が強くなり、左の下顎にアワビのような大きなしこりを見つけたとのことでした。
他院にて細胞診を行い、口腔内悪性腫瘍が疑われました。
飼い主さんの希望は、大がかりな外科手術や放射線療法ではなく、残りの期間を痛みや苦しみなく生きて欲しいと望まれ、緩和治療をご希望なさっています。

初診時、左下顎の奥歯の歯肉部にφ4×2×2cm大の腫瘤を確認しました。腫瘤は自壊し、膿様の唾液で口臭が強く、出血しやすい状態でした。
治療の選択肢として1.分子標的薬による化学療法、2.メトロノミック化学療法、3.インターフェロン療法、4.非ステロイド消炎鎮痛剤を提示しました。

相談の結果、その中から、副作用の少なそうな治療として、インターフェロン療法と非ステロイド消炎鎮痛剤を試すこととなりました。
治療は犬アトピー性皮膚炎治療に使用する犬インターフェロン製剤「インタードッグ」を週に一回注射しました。非ステロイド消炎鎮痛剤は1日1回投薬しました。

治療により調子を落とすことはありませんでしたが、腫瘍は徐々に増大し、インターフェロンに腫瘍の縮小効果は認めませんでした。
腫瘍の増大により腫瘍表面は自壊し、一部壊死して引っ掻いて出血をするようになり、生活の質が落ちてきました。

しかし、まだ遠隔転移を疑う所見はなく、可能性にかけて分子標的薬「パラディア」の投与をすることにしました。
「パラディア」は難治性の犬肥満細胞腫の治療薬であり、効能外使用であることをご了承いただきました。
治療目的が、生活の質を落とさないことであるため、副作用を出さないように低用量で週に3回の投薬を開始しました。


開始して1週間後には縮小し始め、2週後には明らかに小さくなり、食べる速度も速くなりました。
しこりは小さくなったものの、少し元気がないとのことで飼い主さんの判断でしばらく休薬しました。



「パラディア」開始から2ヵ月、外見上はしこりの存在が分からない程縮小しました。

口を開けると腫瘍は存在していますが、食べにくい様子もなく出血もありません。
現在は週に3回の「パラディア」投薬を、週に1回に減薬して再開しています。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2020年7月 7日 火曜日

雑誌「いぬのきもち」メラノーマ特集を監修しました

雑誌「いぬのきもち」の連載記事「犬の現代病ファイル」。8月号はメラノーマがテーマ。記事の監修をいたしました。

メラノーマは悪性黒色腫とも呼ばれるメラニン細胞のがんで、体中のどこにでも発生しますが、犬では口と皮膚と目が好発部位で、できる場所によって悪性度の違いなど特徴があります。

発生部位ごとの好発犬種を病理検査会社ノースラボの賀川先生に、データ提供いただきました。

悪性度の高いメラノーマが多く発生する部位には爪床部(爪の基部)や口腔内などが挙げられます。
中でも口腔メラノーマは気付きにくく、発見が遅れることが多いのです。
治療法は早期に発見できれば外科切除、周囲浸潤があったり切除の難しい部位では放射線療法が適応となります。
また、転移性の高い腫瘍でもあるため、それぞれの治療法に全身療法である化学療法(抗がん剤治療)の併用を考慮します。

腫瘍の拡大切除や放射線療法などは大学病院等の2次診療施設の受診が必要となるかもしれません。
いずれにしても早期に診断、治療までつなげるかが、治療の重要なポイントです。

各治療法のケースレポートも載せてありますので、ご参照ください。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2020年3月10日 火曜日

15歳ミニチュアダックスに発生した下顎口唇腫瘍に対するブレオマイシン腫瘍内投与


15歳齢のミニチュアダックス。1ヵ月前に左下顎口唇部腫瘤に気付きました。

他院にて細胞診によりメラノーマと診断され、治療は難しいと言われて来院しました。
基礎疾患として以前より重度の歯周病があり、5年前に低アルブミン血症によりスケーリングを断念しています。
オーナーも高齢犬であることから外科手術などの積極的な治療は希望されていません。

初診時、腫瘤はφ2×3cm大で表面は自壊し出血しやすい状態にありました。
そこでオーナーと相談の上、犬に負担の少ないインターフェロン療法を行うこととしました。
犬のアトピー性皮膚炎の治療薬であるインタードッグ注を効能外使用となることを了承いただきました。
人では色々ながんに対してインターフェロン療法が行われていますが、犬で効果が認められた報告があるのは肥満細胞腫、悪性メラノーマ、リンパ腫などの一部の症例に限られています。
インターフェロン療法を行いながらも腫瘍は増大を続けました。

その後、腫瘤は急速に増大し、自壊と出血が認められました。
再度の対症的外科切除も検討しましたが、腫瘍は顎下の皮膚まで浸潤し、顎骨を含めた拡大切除が必要となります。
抗がん剤を使った化学療法も一般的には大きな腫瘍に対する効果は期待できません。
そこで抗がん剤の腫瘍内局所注射を試すことにしました。


ブレオマイシンは通常は皮下投与などで使用していますが、腫瘍内に注射をすることで局所での薬剤濃度上昇による効果を期待しました。また、以前より使用している抗生物質や非ステロイド系消炎鎮痛剤の投与は継続しました。

注射は無麻酔にて保定し、極細針を使用し腫瘍内に数方向刺入し注入しました。
ブレオマイシン注射の1週後には腫瘍の大きさの変化は認めませんでしたが、膿のようなにおいが強くなりました。

2回目のブレオマイシン腫瘍内局注後より徐々に腫瘍の縮小を認めました。
以下に治療経過の比較画像を示します。

2回目局所投与時。わずかに縮小傾向を認めました。


5回目局所投与時。明らかな縮小を認め、腫瘍からの出血や臭いも軽減しました。


8回目投与時。しこりは痕跡程度となり局所投与はできず、皮下投与としました。

ブレオマイシンによる化学療法の期間を通して明らかな副反応は認めず、白血球の高値や貧血は徐々に改善しました。

当院初診より5ヵ月。ブレオマイシン治療開始より3ヵ月現在。調子は良好で月に一度の検診を行っています。

追記
ブレオマイシンの最終投与より1年1ヵ月、16歳10ヵ月で亡くなるまで、腫瘍の再発はありませんでした。
口腔メラノーマに対してブレオマイシンの局所投与が効いたという報告は見当たりません。
その後、同様な口腔内腫瘍に対して飼い主さんの希望で何頭かブレオマイシンの投与を試しましたが、同じように効果を示したワンちゃんは残念ながらおりません。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年8月 9日 金曜日

鼻鏡部に発生し扁平上皮癌を疑った犬の非腫瘍病変        レオどうぶつ病院 腫瘍科


犬や猫の鼻鏡部に発生する代表的な腫瘍に扁平上皮癌があります。

発生当初は色素脱や膨隆から始まり増大すると潰瘍状に自壊します。
治療は初期には積極的な外科療法が効果がありますが外貌の変化も伴います。
進行すると外科切除困難となり、自壊創からの出血などによりQOL(生活の質)が下がります。
放射線療法は緩和的効果であり、化学療法による縮小効果は望めません。

今回、鼻鏡部の扁平上皮癌を疑ったものの良性病変であり、自然消失した症例をご紹介します。

15歳の雑種犬。体重は27kgあります。高齢による前庭疾患と慢性腎臓病の経過観察中です。
2日前に普段は黒い鼻鏡部の一部が白っぽく脱色しているのに気付きました。

10日後、脱色部は徐々に増大してきました。
まずは化膿性病変の除外に抗生物質の投薬を開始しました。

抗生物質には反応せず、増大した腫瘤表面が自壊してきました。
扁平上皮癌など腫瘍も疑い細胞診を行いました。
細胞診では少数の細胞集団が採取されましたが、明らかな悪性所見は認められませんでした。
診断を進めるには大きな組織による生検が必要でした。

しかし、病変に気付いてから約1か月。しこりは縮小し始めました。

約2ヵ月後には色も元に戻りました。
オーナー曰く、草むらに鼻を突っ込んで蜂にでも刺されたのかもしれないとのことでした。
本当にそうだったのかもしれません。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

2019年1月13日 日曜日

歯肉に発生したエプリスを切除した犬の2例  口腔腫瘍     エプリス 口唇粘膜フラップ形成術


10歳齢、雌のウェルシュ・コーギー。2年前より歯周炎があり、デンタルガムや口腔のサプリメントを使用しています。1年半前に歯周病が悪化して、麻酔下でのスケーリングと動揺歯の抜歯を行いました。その後、しばらく落ち着いていたものの、1年前より口周りを触ると怒るようになりました。

左下顎第4前臼歯抜歯外側の歯肉に炎症が認められ、抗生物質や口腔のサプリメントなどを与えていましたが徐々に進行し潰瘍病変を形成しました。
潰瘍病変は徐々に増大し腫瘤形成をしたため、口腔内悪性腫瘍も疑い切除手術を計画しました。
術前検査では肺転移や明らかな骨溶解は認めず、まずは切開生検を行いました。

病理組織検査の結果はセメント質形成性エプリスと診断されました。これは慢性炎症を原因に発生したことが予想され、腫瘤底部の臼歯に歯根端膿瘍が存在することを疑いました。
後日改めて手術を行いました。
まずは、エプリス底部の右下顎第4前臼歯抜歯をしました。

次に表層のエプリス本体を切除しました。腫瘤底部の歯槽骨を掻爬して、歯根端膿瘍部の洗浄を行いました。

最後に腫瘤切除による歯肉欠損部の口唇粘膜フラップ形成術を行いました。

病理組織検査の結果はセメント質形成性エプリスと歯根部に慢性炎症の所見が認められました。
術後は徐々に痛みが和らぎ、口を触らせるようになりました。
今では以前のようにボールを咥えたりしています。


4歳齢、雄のラブラドール・レトリーバー。1週間前に歯磨きの際に歯肉のしこりに気づいて来院しました。

腫瘤はφ11×11×5mmで、左上顎第3前臼歯外側の歯肉から発生しています。歯周炎もなく歯はキレイです。
木の枝や布製のおもちゃなどを良くかじっており、左下顎の犬歯先端は破砕しており、歯肉腫瘤と接触している部位は一部自壊しています。
切除生検をお勧めしましたが、臨床症状はなく、いったん経過を観察することになりました。

3ヶ月後、しこりはφ1.4×1.4×0.6mmに増大し、手術をすることになりました。

口腔腫瘍の可能性がありますのが、術前検査では明らかな転移所見や局所の骨浸潤ははありません。
そこで悪性ならばT1N0M0ステージⅠの口腔腫瘍として外科切除を計画しました。

しこりの底部の歯に動揺所見はなく温存し、肉眼上正常な歯肉部にて切除し、歯肉欠損部に口唇粘膜フラップ形成術を行いました。
術後はエリザベスカラーを装着し、しばらくはふやかしたフードを与えることとしました。

病理検査の結果は骨形成性エプリスと診断されました。
術後、エリザベスカラーを外している時にこすったのか、歯肉縫合部は離解しましたが、再生してきた歯肉で置換されました。


投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30