d.頭頸部の腫瘍

2016年11月 7日 月曜日

猫の鼻が腫れた リンパ腫 レオどうぶつ病院腫瘍科 桂台 みたけ台 桜台


11歳雌の猫ちゃん鼻の腫れを主訴に来院しました。
2か月前より鼻炎の症状が始まり、抗生物質による副鼻腔炎の治療を行いましたが改善しません。
1か月前より
急速に鼻が腫れてきました。
鼻が詰まり匂いがしなくなったためか食欲も落ち、見る見るうちに体重も減ってヨロヨロしてきたとの事でした。



眉間にあるしこりはφ3x3x1.5㎝大で硬く、左眼は瞬膜が突出し、眼球が腫瘍に圧迫されて外側に変位していました。

年齢からも腫瘍性疾患を疑い、細胞診を行いましたが、有意な腫瘍細胞は採取されませんでした。

高齢猫の鼻に発生する腫瘍には癌が多く、難治性の鼻炎症状から始まり、腫脹による顔面の変形が見られます。
積極的な外科療法は出血などで亡くなるリスクが高く、効率に再発します。放射線照射はある程度の効果が報告されていますが、治療の難しい腫瘍です。

鼻の癌と似たような症状と顔面の変形の見られる腫瘍に鼻にできるリンパ腫があります。急速に増大した経過からはリンパ腫の可能性も疑われます。
リンパ腫は血液系腫瘍で通常はリンパ節などのリンパ組織などに病変が認められますが、節外型リンパ腫として鼻に発生するタイプがあります。
リンパ腫であった場合には治療は外科切除ではなく、放射線療法や化学療法が効く可能性があり、他の癌とは治療法が大きく異なります。

オーナーさんは放射線療法は希望されません。リンパ腫であるかもしれないという可能性に賭けて、L-アスパラギナーゼによる診断的治療を行うこととしました。
この抗がん剤は、リンパ腫には良く効きますが、その他の癌には全く効果がありません。

注射後、翌日より鼻のしこりの縮小が認められ6日後に来院した時には、元の顔に戻り、食欲も出てきたとの事でした。


治療の反応が認められたことより、鼻に発生した節外型リンパ腫と臨床診断し、治療を開始しました。







投稿者 レオどうぶつ病院