レオどうぶつ病院 診療日記

2018年12月24日 月曜日

食事療法で改善した猫の慢性嘔吐・下痢             猫用アミノペプチドフォーミュラ


5歳齢、スコティッシュフォールドの男の子。幼猫時より吐くことが多く、胃薬の服用で抑えていたそうです。

1-2ヶ月前より夜間や空腹時に吐いて、1年前に4.7kgだった体重が3.7kgに減ったと来院しました。
食事は市販のプレミアムフード(ドライがメインで時々ウェット)を一日6回ぐらいに分割して与えています。
食欲はありますが断続的に嘔吐が続いています。下痢をすることも多いようです。
眼の周りが赤く、目やにが出やすいようです。鼻炎の症状はありません。
腹部の触診では、腸管にしこりの形成などは認めませんが、ガスの貯留があるようでした。

慢性腸症を疑い、食事をアレルギーフードに変更して除去食試験を行うことにしました。
反応が悪い場合はステロイド剤の使用なども予定しました。
フードはロイヤルカナンの療法食、猫用アミノペプチドフォーミュラを使用しました。

帰宅後、療法食を与えると半分しか食べずに、白い塊を吐いて朝まで気持ち悪そうな感じがあり、翌日吐き気止めとステロイドの注射をして、吐き気止めと胃薬の内服薬を処方しました。
吐き気は治まり、食欲も出て調子が良くなってきたため、食事療法を継続することにしました。

その後は食事療法が劇的に効果を現し、長期間続いていた嘔吐もなくなり、下痢をすることもなくなりました。
フードを変更してから目やにの量も減りました。


同居猫が缶詰を食べるのを見て、自分も欲しがるとのこと。
アレルギー用のウェットフードをいくつか試すと、ひとつは吐いたものの、もう一つは平気でした。

今日もアミノペプチドフォーミュラを買いに来院。
体重は4kgに増え、嘔吐や下痢もなく元気です。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31