レオどうぶつ病院 診療日記

2020年8月 1日 土曜日

最新のエコー装置を導入しました

近年の医療用画像診断装置の進化には目を見張るものがあります。超音波画像診断装置、いわゆるエコー装置の最新機種を導入しました。開院して間もない頃に導入した当時の最新機種も(まだ使えますが)、十数年が経ちリニューアルをいたしました。装置自体のグレードは同レベルでも臓器の見え方は格段に上がり、今まで見えなかったものが見えるようになった印象です。

大学病院等の2次診療施設などでは麻酔下でのCTやMRIといった断層撮影の技術で、細かい部分まで立体的に観察することができるようになりました。一般の診療所でもレントゲン検査とエコー検査を組合わせることで、全身麻酔をかける必要なく臓器の内部構造をイメージすることが可能となります。
健康診断にも血液検査だけでなく、画像診断を組み入れることが病気の早期発見に有効です。

投稿者 レオどうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31