レオどうぶつ病院 診療日記

2014年6月19日 木曜日

ツバメのヒナが巣から落ちています。どうしたら良いでしょう。

通学途中の子供が鳥のヒナが巣から落ちているのを見つけました。近所のお宅のガレージの中でヒナは車の下にいます。
「人の家の敷地内だし、呼び鈴を鳴らしても留守のようだし...。昨夜も、今朝もまだいる。どうしたらいいでしょう?」と、お母さんが相談に来ました。

それは、巣立ち前のヒナで親鳥はちゃんと見ているので餌も運びます。ただ、猫に見つかっては大変。可能なら雨や直射日光が当たらない近くの枝にでもカゴを固定して入れてやるといい。

場所を聞くと当院に来院するワンちゃんのいるお宅。留守番電話にメッセージを入れました。夜になり電話があり、現場まで見に行く事にしました。

ガレージ内の壁にはツバメの巣があり大きくなった雛たちが数羽いて親鳥も時々餌を持って戻ってきます。問題のヒナを探していると、車の上にかごが置いてあり、カゴの淵につかまっているヒナがいました。もしかしたら今朝のお母さんとお子さんが設置したのかもしれません。

今週末は車を動かさずに巣立ちを見守るそうです。

一週間後、兄弟とともに元気に巣立ちました。

投稿者 レオどうぶつ病院

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30