レオどうぶつ病院 診療日記

2016年9月14日 水曜日

猫の肛門嚢炎 レオどうぶつ病院 青葉区 鴨志田町 大場町 榎が丘

pic20160914223826_1.jpg
1週間前より食欲が落ちて、お尻の方を気にしている猫ちゃんが来院しました。

pic20160914223826_2.jpg
肛門の右側が広範囲に腫れて、脱毛した皮膚の色は黒くなっていました。

pic20160914223826_3.jpg

肛門嚢炎を疑い切開すると大量の膿が排出してきました。内部を洗浄し、持続性の抗生剤注射をしました。

お尻を気にして舐め続けている場合は早目に処置をしましょう。

投稿者 レオどうぶつ病院

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30